アンナ隊員日記 〜オタクは何しにハワイへ?〜

スター・ウォーズ好きなオタク男子が国際結婚して移住したハワイで苦労する4コマ漫画ブログです 今はハワイでジュラシックパークのジープを作っています アメリカの移民(配偶者)ビザ申請(IR-1)グリーンカード取得のためにUSCISやNVC,Expedite Request,米国大使館面接に挑戦します。タイムラインもあるよ。

Season 7:ぼく移民のなんなのさ(ハワイ)編
ヘンテコ2人組による憧れのハワイ奮闘記
R835_タイヤ塗装2_001

みなさんこんにちは、やまなんです。

ホイール表面のダメージ
最初はホイールの金属そのものにダメージがあるのかとビビりました。


よくよく調べてみると、金属面の表面には厚いクリア保護膜があって、そこにダメージがあるということがわかりました。あとで赤く塗装する訳ですから、クリア保護膜ごと削り取ってしまえばキレイになりますね。
(写真は保護膜を削り取ってキレイにしたところ)

下地塗装のその前に!
下地塗装する前にちゃんとマスキングします。
(この写真はマスキング後に下地塗装まで済ませた状態)

マスキングというのは、塗装しない場所を専用のテープや紙などで隠しておくことです。黒いタイヤ部分に塗料がかからないように丁寧にマスキングしていきます。円を描くようにテープを貼るので時間がかかりますけども。

指定色の塗料
映画『ジュラシックパーク』のジープを作る同好のメンバー達が調べた指定色があります。


これによると、PPGという塗料メーカーがフォード社の乗用車のために制作したPerformance Redという赤い色で、カラーコードはEYもしくは4614だという事が分かります。

なのでこのカラーコードを塗料屋さんに伝えて調色してもらうということになります。

ジュラシックパークのジープ作りは一日にしてならず
さぁ、次はあなたの番です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Season 7:ぼく移民のなんなのさ(ハワイ)編
ヘンテコ2人組による憧れのハワイ奮闘記
R834_タイヤ塗装_001

みなさんこんにちは、やまなんです。

映画のホイールの色
映画『ジュラシックパーク』に登場するジープのホイールの色は赤です。

これは映画のスタッフがタイヤをジープに装着したままスプレー等で塗装したのであろう、ということが同好のメンバー達で解析されています。しかし長く乗るためのジープには丁寧な作業をした方が良いので、僕らはタイヤを外して作業します。

ホイールのダメージ
表面がガリンガリンで傷だらけになっている状態です。

いったいどうしたものやら・・・

ジュラシックパークのジープ作りは一日にしてならず
さぁ、次はあなたの番です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Season 7:ぼく移民のなんなのさ(ハワイ)編
ヘンテコ2人組による憧れのハワイ奮闘記
R833_アンテナとレストラン_001

みなさんこんにちは、やまなんです。

天井の低い駐車場が多い
ハワイは天井の低い駐車場が多い…と言うよりも地震大国の日本と違い、比較的古い建物が残っているからかもしれません。

前オーナーにより車高を上げられている僕らのジープ。この日に訪れたレストランの駐車場は、たとえアンテナを付けていなかったとしても結構やばかったと思いました。

コロナ禍における飲食店
パンデミックのピーク時にはテイクアウトだけが認められていた飲食店ですが、現在は店内の座席の50%までであればお客を入れて営業して良いという事になっています。

なるべく手に触れない対策
多くの人が手に触れるモノはなるべく排除するような対策が取られています。

ガソリンスタンドにあるタイヤの空気圧調整器もそうですし、コストコの飲食コーナーでもホットドッグのトッピングコーナーは排除され、ソーダ類のマシンもお客ではなく店員さんが代わって操作するようになりました。

QRコードで読むメニュー
テーブルの上にはQRコードだけがポツンとあります。

イマドキっぽくて良いなぁと思いましたが、これは日本でもよく見る光景なのですか?

ジュラシックパークのジープ作りは一日にしてならず
さぁ、次はあなたの番です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ