Season 7:ぼく移民のなんなのさ(ハワイ)編
ヘンテコ2人組による憧れのハワイ奮闘記
R803_ハイマウントの基準OK_001

ハイマウントストップランプって?
後方からの視認性をより高めることを目的とし設置される第3のブレーキランプのことです。

アメリカでは1985年、日本では2006年に乗用車への装着が義務付けられました。

どこに装着するのが正しいの?
ハイマウントストップランプと言うくらいですから、両脇のテールランプより高い位置に…もっと言うとリアウィンドウの上とかに配置してるクルマもありますよね。

ウィキペディアによると 車体後部中央の、高い位置に独立して設置 とあります。なので、現在制作中のこのジープもそうじゃないといけないのかなと心配になりました。

調べてみるとハワイ州の安全基準では34インチを下回らないことと明記されているのを見つけましたので、これなら安全点検(こちらの車検のようなもの)もパスできるでしょう。

映画のジープではどうなってた?
実はジープの純正パーツにもハイマウントストップランプは存在するのですが、1993年制作の映画『ジュラシックパーク』に登場したジープにはそんなの付いていませんでした。

映画と同じジープが欲しいアンナ隊員のために、スペアタイヤキャリアに取り付けることでなんとか目立たなくすることができそうです。めでたしめでたし。

さぁ、次はあなたの番です。