Season 7:ぼく移民のなんなのさ(ハワイ)編
ヘンテコ2人組による憧れのハワイ奮闘記
R819_そういえばMINI5_001

みなさんこんにちは、やまなんです。

日本の自動洗車機との違い
よくよく調べてみると、日本のガソリンスタンドでよく見かけるゲート型の自動洗車機もドライブスルー方式と言うのですね。筆者も幼少の頃に、家族の車で経験した記憶があります。

今回利用したのはゲート型ではなくて、箱型と言った感じです。入口から入って洗車して、出口から出て行きます。(日本にもこのタイプの洗車機が利用できる場所があるみたいです)

ドライブスルー文化
ちなみにアメリカのドライブスルー文化は、マクドナルドやスターバックスのみならず、ATMも例外ではありません。

さらに昨今のコロナ禍においてはコロナの検査もドライブスルー方式だったと、テキサス在住のカイエ氏のブログ「蓼食う虫もテキサス」において綴られています。
また、教会の礼拝やハロウィーンイベントもドライブスルー方式ですし、卒業式のイベントもドライブスルー方式でした。

自動洗車機は鳥のフンに向かない?
普段財布の紐がかたい僕らが思い切って奮発して少し高いコースを選択し、洗車が完了するのを楽しみに待っていたのですが・・・

一般的に乾いた鳥のフンは十分に湿らせて柔らかくしてから除去すると良いと言われるのですが、あれだけ自動洗車機の中で洗剤を浴びせられたにも関わらず汚れが落ちていませんでした・・・

自動洗車機だけでは鳥のフンはキレイに除去できないようです。

そして壊れるトランクドア
鳥のフンが除去できてないだけでも悲しいのにトランクのドアも故障してしまいました。

洗車の最中にトランクの方からガチャコンガチャコンと異音がしたのでもしやと思ったのですが、案の定、水が浸入してロック機構を壊してしまったようです・・・。

クルマは自分で直す文化
修理に出すと数万円かかってしまうので自分で直しましたけども、YouTube等に自動車の直し方が沢山アップされているのも実にアメリカらしいですね。

日本で「車を自分で直す」事を勧めるコンテンツが少ないのは、リスクと責任回避の観点かもしれません。


ジュラシックパークのジープ作りは一日にしてならず。
さぁ、次はあなたの番です。